コミュニケーション 雑談

雑談を極める!雑談は全て6つのパターン

投稿日:

雑談している様子

「どこまで距離を詰めていいかわからない」
「クライアントは友達じゃないってよく怒られる」

本記事はこのような方向けです。

雑談力と営業力は比例します。

仕事のネタを仕込む。
必要なリソースをとり込む。
刺激を与えてくれる人に会う。
自分の思い通りに組織が動くように根回しする。
などなど…。

これらは全て自分が発信して、誰かを味方にしなければなりません。
このブログでは雑談スキルを様々な視点から取り上げていますが今回は「雑談はすべて6つのパターン」について解説していきます

目的に応じた雑談

雑談している様子
雑談とは思わず広い領域を考えなければいけないため、話題選びに悩む人が多いです。
しかし、冷静に考えてみると雑談は大きく6つの切り分け方ができます。

時系列でみると、過去の話、現在の話、未来の話。あとは話を聞くのか、話すのかの2択で選びます。
・過去の話×話す
・過去の話×聞く
・現在の話×話す
・現在の話×聞く
・未来の話×話す
・未来の話×聞く

過去の話×話す

自分の実績を知ってほしい。又は共感してほしい⇒過去を語る
自分の売込みにも使えますが、決して自慢話になってはいけません。
自分の権威付けができていなければきちんと示す。
それができている限りは、自分の過去の失敗談を話すほうがうまく自己開示できます。

過去の話×聞く

相手が何をできるのか知りたい→過去の話を聞く
相手の持っているリソースや信頼に足る人間か把握することができます。
相手との関係性が浅い場合はこの段階の雑談が必然的に多くなります。
事前に聞いておくことなどを考えて打合せに臨むなどしておきましょう

現在の話×話す

自分について相手が持っていない情報を共有したい→現在を語る
自分のことをアピールする際はおのずとこの領域の話が多くなります。
「使える人間だ」「役に立ちそう」と思ってもらうために、また自分の抱える課題を相談するときに選ぶ話題です。

現在の話×聞く

相手について持っていない情報が知りたい→現在を聞く
相手が現在抱える課題や潜在的に持っている価値について情報を足していく感覚です。
未来の話を聞いた後で現実的に一緒に仕事ができそうだと思ったら聞くと自然だと思います。

未来の話×話す

自分のやりたいことを相手に共有したい→未来を語る
自分の夢を語って味方を増やしたいときに触れる領域です。
優れた上司ほど日頃から部下に自分の夢を語ることでじわじわと共感させることができます。

未来の話×聞く

相手のやりたいことを知りたい→未来の話を聞く
人を動かしたいなら本人がやりたいことをさせることが最も効果的です。
相手と自分のベクトルが一致するのか、また多少ズレていても軌道修正できそうなのか把握することためにも絶対欠かせない話題です。
初対面の人に対してこの領域をぐいぐいと踏み込んでいくといいでしょう。

話す順番について

雑談している様子
初対面の人と雑談を通して実際の仕事に繋げていく過程では、このような順番が望ましいと思います。
過去を聞く⇒過去を語る⇒未来を聞く⇒未来を語る⇒現在を聞く⇒現在を語る

この時、現在を未来の間に乖離が大きければ大きいほど人は動くことを躊躇します。
その時は補足的に未来を多めに語ることをおすすめします。

関係性が深まり、ベクトルも一致している仲であれば、選ぶ話は未来だけ。
どこまで先を語れるかでアウトプットの質が変わる。

このように、6つの雑談を理解すると雑談への恐怖心を薄れていきます。
そして雑談に対しても自信を持てるようになり、うまくいくようになります。

ぜひ、この6つの領域を意識してみてください!

番外編:ここぞという場面における雑談

過去はだめな話を、未来はいい話を。
ここぞという場面で使える十八番のネタはぜひ持っておきたいものです。
多くの人は過去のいいときを話しします。これかなりダサいです。

中年のおじさんによくある傾向です。
散々過去の武勇伝を語った後、今は?と思われるのがオチです。

もちろん自分の価値をアピールするうえで自分の実績を語らないといけない
場面もあるがその場合はできるだけ直近の実績を選びましょう。

過去について話をするなら、いまよりもダメな話をするのが基本。
昔の自分を低く見せて、相対的に今の自分の価値を上げる、期待値調整が目的。

いくらつらい経験をしてきたからといってもそれを知り明日に語ってはだめ。
「笑い話聞いてくださいよ~」と明るく話すことが理想。

逆に未来を語るときはいいところをどんどん見せましょう。
ビジネスパーソンの交友関係は「期待感」できまるといっても過言ではない。

自分を上昇気流に乗った風船化のように魅せて「今のうちにつかんでおかないと」と思わせれば味方は増える一方。
いかにも自信なさげでしぼみゆく風船のように思われてし合ったら、だれでも手放したくなる。

異性にもてるひとと、出世する人は似ている。
未来を意気揚々と語る姿を見せて「この人についてもらったらいいことありそう」と思わせる人。
ドリームトークは無料でできて、人を動かすことができる最高のコミュニケーションツール。
十八番ネタはできたら、3回はテストをして確認しよう。

以上です。

少し番外編で本筋とずれてしまいましたが、
このように、6つの雑談を理解すると雑談への恐怖心を薄れていきます。
そして雑談に対しても自信を持てるようになり、うまくいくようになります。

ぜひ、この6つの領域を意識してみてください!

-コミュニケーション, 雑談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雑談を極める!自分の基準を作り雑談を攻略

「相手の話のリアクションに困る」 「変な返答をしていないか不安」 本記事はこのような方向けです。 雑談力と営業力は比例します。 仕事のネタを仕込む。 必要なリソースをとり込む。 刺激を与えてくれる人に …

【DaiGoの文章術まとめ】人を操る禁断の文章術を徹底解説!

「書くスキルを伸ばして収益化を伸ばしたい!」 「クライアントの心を動かすメールを送りたい」 「LINEのやりとりでも好印象を与えたい」 そんな方の向けの記事になります。 今回は4年前に読んだメンタリス …

「反応しない練習」まとめ!読んだ感想・レビュー

「何か頑張りたいけど、結局頑張れない」 「SNSやテレビを見て一日が終わり自己嫌悪」 本記事はこのような方向けです。 「反応しない練習」は著者、草薙龍瞬(くさなぎりゅうしゅん)という僧侶の方です。 実 …

送別会を自分で企画!自主開催のメリット・デメリット徹底解説

「送別会って面倒だよな…。ちゃんと自分のために開いてくれるのかな」 「なんかいろいろと手伝わせてしまうのは嫌だな。。」 という方向けの記事になります。 私は数年前に転職したことがあります。 会社を退社 …

雑談を極める!NGな話題とは?

雑談を極める!土足でズカズカっていいんですか?? 「どこまで距離を詰めていいかわからない」 「クライアントは友達じゃないってよく怒られる」 本記事はこのような方向けです。 雑談力と営業力は比例します。 …

ul, ol { color: #668ad8;/*文字色*/ border: dashed 2px #668ad8;/*破線 太さ 色*/ background: #f1f8ff; /*背景色*/ padding: 0.5em 0.5em 0.5em 2em; } ul li, ol li { line-height: 1.5; padding: 0.5em 0; }