コミュニケーション 雑談

30代の口下手・会話下手の悩み解消!~ひとりでできる伝え方UP編~

投稿日:2020年4月5日 更新日:

大見出し1

「極度の緊張で人と思うように話せない」
「あの時、やっぱりああいっておけばよかった」
「会話を楽しめるようになりたい」

というような方向けの記事になっています。

結論、この記事は「口下手を味方にしよう」ということです。

私は口下手でした。今もまだ口下手な要素は残っています。

新卒の頃は、会話ができなさすぎて、クレームもらったり、担当変えられたりと散々でした。

社内外から信頼を得るのが難しくしんどい思いをしてきました。

ただ、ある程度訓練すると口下手を味方にすることができます。
そしてコミュニケーションには困らなくなります。

そこでまともに話せるようになるまでに行ったことを紹介していきたいと思います。

長くなりそうなので4部構成で紹介していきます!

本記事を読み終えたころには、「伝えるスキル」の身につけ方がわかるので、正しい努力をすることができています。30代でも全然生まれ変わります!※友人で実証済みです

口下手=マイナスなイメージは誤解

大見出し1

会話は言葉のキャッチボール

まず、大前提。

無言を埋めるために無理やり話そうとか、笑わせないといけないなど小手先な考え捨ててください。
また、「話すのが3割、聞くのが7割」とあらゆる本に書いてあります。
これも、個人的にはやっかいですね。いったん無視で。

確かにその割合は一つの基準にしてもいいかもしれませんが、変に気にしすぎてしまうくらいなら一旦無視してください。
相手のことに興味を注ぐこと、会話を楽しむことに集中しましょう。

口下手の要因は大きく2つ

1 緊張していつも通りの本来の自分が発揮できない。
2 実力不足

1に関しては別途、緊張に関する記事を書いているのでこちらご覧ください。

2実力不足
実力ってそもそも何?
コミュニケーションをざっくり大きく2つに分けられます。

●伝えるスキル
●聞くスキル

この「2つのスキルの高さ」を実力と定義します。

そして本記事では「伝えるスキル」にフォーカスしてお話したいと思います。

伝えるスキルUPには独り言が最適

大見出し1

「伝えるスキル」における実力不足ですが、解決策は量をこなすことです

ただ、場数こなせ!と言うだけでは根本的な解決策にはならないです。
そして、この記事を読んでいる方は、口下手でシャイで内気な方が多いはずです。
そのため、一人でも場数をこなせる方法を紹介します。

それは、独り言です

独り言によって、話す量を増やすことができます。
すると、経験不足による口下手を解消できるのです。

下記、3STEPで独り言チャレンジしてみてください。

【STEP1】独り言に慣れる

「独り言とか変な奴がやることでしょ」
「周りの目が怖い。。」

わかります。最初は家で一人でいる時ですら抵抗ありますよね。

でも、心の壁を壊して一人の空間に言葉を放ってみると、楽しくなってくるんです。
考えていること、思っていることを支離滅裂でもいいので言葉にしてみてください。
※僕はよくマスクをつけて歩きながらぶつぶつ呟いていました。全然ばれないのでオススメです。

まずは、「昨日よりしゃべろう」を心掛けてみてください。

【STEP2】伝える型を練習する

独り言を楽しいと思えたら次に相手に伝わるような伝える際の「型」練習をしてみてください。

型にはめ込んで話せるようになると「わかりやすさ」が磨かれていきます。
何かを伝えるときのオーソドックスな型「主張・理由・根拠・主張」の順に話す練習をしましょう。

主張:私は独り言が好きになりました。

理由:なぜなら、口下手を解消できるからです。

根拠:事実、口下手の人がゲーム実況をしていたら口下手が治った!という例もありますよ。

主張:だから私は独り言が好きなのです。

まずはこの型を完全にマスターしましょう。

何かを伝えるとき、大抵この型が基準で話が成立しています。
これが慣れたら様々な伝え方の練習を試してみてください

難しいという方は、一度文章にして書いてみてください。
繰り返し文章を書いていくと型がどんどん体に染みついていきます。

【STEP3】目標を決めて、とことんマネる。

いまはYOUTUBEで話し上手なひとを動画で観れる時代です。
マネしてみたい人を見つけて、とことんマネしてみましょう。

マネすることのメリットは3つあります。
①目標を作ることで、さらなるスキルUPが見込める。
②マネできたら、自信がつく。
③ボディランゲージも上達する。

①目標を作ることで、さらなるスキルUPが見込める

独り言には限界があります。
独り言=鏡を見ずに化粧をしていると同じで、自分がどんな会話をしているのかを客観的に見えていません。

客観的指標を作るために目標とするモデルを定めておくことは重要になります。

目標は高すぎず、低すぎず、1か月後にはマネできているだろう人を選定してください。

②マネできたら、自信がつく。

自分が良いと思った人のマネができる=良いと思った人になれている状態です。
自然と自信がつき、人と会話してみたい!と思うようになるはずです。
※自信つきすぎて話しすぎ注意です

③ボディーランゲージも上達する

目標とする人を実際に映像で見ることで、言葉だでなく表情、立ち居振る舞い等も学べます。
そのため、感情表現が乏しい口下手な方もすぐに表現力が身に付きます。

もし、①~③ができたら自分の話している姿を動画撮って自分で確認してみてください。
それでまた改善していきながら自分の伝えるスキルを磨いていってください。

まとめ

コミュニケーションには2つのスキルがあり、そのうちの1つである「伝えるスキル」について説明してきました。
一人で会話力をUPさせるための方法「独り言」を下記ステップで実践してみると効果的です。
【STEP1】独り言に慣れる。
【STEP2】伝える型を練習する。
【STEP3】目標を決めて、とことんマネる。

これを通して、まずは伝えるための基礎力をグンっと伸ばしてみてください。
早い人は1日で効果を実感できる人がいます。
私も2日目にして「話しやすくなった」と実感することができました。

次回は「伝えるスキルの質」をさらに向上させるための7つのトリガーについて紹介します。

お楽しみにしてください。

-コミュニケーション, 雑談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雑談を極める!NGな話題とは?

雑談を極める!土足でズカズカっていいんですか?? 「どこまで距離を詰めていいかわからない」 「クライアントは友達じゃないってよく怒られる」 本記事はこのような方向けです。 雑談力と営業力は比例します。 …

【DaiGoの文章術まとめ】人を操る禁断の文章術を徹底解説!

「書くスキルを伸ばして収益化を伸ばしたい!」 「クライアントの心を動かすメールを送りたい」 「LINEのやりとりでも好印象を与えたい」 そんな方の向けの記事になります。 今回は4年前に読んだメンタリス …

「反応しない練習」まとめ!読んだ感想・レビュー

「何か頑張りたいけど、結局頑張れない」 「SNSやテレビを見て一日が終わり自己嫌悪」 本記事はこのような方向けです。 「反応しない練習」は著者、草薙龍瞬(くさなぎりゅうしゅん)という僧侶の方です。 実 …

雑談を極める!自分の基準を作り雑談を攻略

「相手の話のリアクションに困る」 「変な返答をしていないか不安」 本記事はこのような方向けです。 雑談力と営業力は比例します。 仕事のネタを仕込む。 必要なリソースをとり込む。 刺激を与えてくれる人に …

送別会を自分で企画!自主開催のメリット・デメリット徹底解説

「送別会って面倒だよな…。ちゃんと自分のために開いてくれるのかな」 「なんかいろいろと手伝わせてしまうのは嫌だな。。」 という方向けの記事になります。 私は数年前に転職したことがあります。 会社を退社 …

ul, ol { color: #668ad8;/*文字色*/ border: dashed 2px #668ad8;/*破線 太さ 色*/ background: #f1f8ff; /*背景色*/ padding: 0.5em 0.5em 0.5em 2em; } ul li, ol li { line-height: 1.5; padding: 0.5em 0; }