コミュニケーション 雑談

雑談を極める!自分の基準を作り雑談を攻略

投稿日:2020年5月3日 更新日:

雑談している様子

「相手の話のリアクションに困る」
「変な返答をしていないか不安」

本記事はこのような方向けです。

雑談力と営業力は比例します。

仕事のネタを仕込む。
必要なリソースをとり込む。
刺激を与えてくれる人に会う。
自分の思い通りに組織が動くように根回しする。
などなど…。

これらは全て自分が発信して、誰かを味方にしなければなりません。
このブログでは雑談スキルを様々な視点から取り上げていますが今回は「基準を持つ」について解説していきます

「基準」とは何か


自分が持っている道徳・価値観・知識等を指します。

こんなことありませんか?
真剣な話をしているときに笑ってしまったり、冗談を言っているのに真剣に聞いてしまったり。

話し手と聞き手とのずれが生じているケースがあります。
これも話捉える基準が他の人と異なっているときにおこる。

とある記者会見の時にクリスティアーノ・ロナウド選手に対して、インタビューアーである子供が拙い英語を駆使して質問をしていました。

たどたどしい英語に周りの記者は小ばかにするかのように笑っていましたが、ロナウド選手はそれを怒りました。

「なぜ彼を笑うのですか?彼は一生懸命何かを質問しようとしてくれています」と。

このように、人それぞれ生きてきた環境が異なるからこそ、一つの事象に対して異なるリアクションがあります。

つまりクライアントに対しての返答は自らの基準を持つことで初めて達成されるものなのです。

「今日は雨ですね…」に対して、もし自分が嫌なイメージなら「気がめいりますね~」と答えるでいいのです。

もし、クライアントが野球好きであれば「今日の野球は中止になりますかね~」など相手の基準を押さえた返答を行えばいいのです。

大きく外さない返答だけでも相手は「あ、普通に返しができる人だ」と心のどこかで安心するものです。

ちなみに仲のいい友達と緊張せずに話せるのは、相互で基準がすり合わさっているからです。

雑談とは相手と自分との基準のすりあわせの場なのです。

「基準」のつくり方とは

雑談している様子

では、その基準をどのように作るのか。
結論、雑談をたくさんするだけでは事足りず、日ごろからあらゆることにアンテナを張る努力が欠かせません。

クライアントがゴルフ好きであればゴルフに関する知識を勉強しておくのです。
お酒が好きであればお酒の歴史や種類、美味しいお酒が飲めるお店などを調べておくのです。

例えばワインを飲んで気の利いたコメントを語れるようになりたいのであれば同じワインを飲み続ける。
すると、「○○と比べると渋みがあるので」と言えるようになります。

仕事の話題でも同様で、特定の分野の知識を身に着けておけば第一人者と話をしたときに「それは今までにない理論ですね」と
相手が期待するリアクションを適切にとれるようになるし、こいつなかなか勉強しているなと思われる。

また、自分には異常値だと思ったことも、相手からは正常値だとしたら、それは自分の基準のつくり方を間違えただけです。
人の基準は経験を重ねてしか作ることができないので、若いうちにどんどん失敗しましょう

極力相手の興味の対象に投資するように心がけ、自分基準値のアップデートしていくことで雑談に困らなくなります。

まとめ

雑談している様子
雑談とは相手と自分とが持つ基準のすり合わせです。

何においても自分の中に軸がないと物事に対してリアクションをすることができません。
だからこそ日々の自己研鑽をたゆまずに精進していきましょう。

雑談が上手い人は努力していなさそうに見えて、めっちゃしています。
逆に雑談が苦手だという人に限って努力量が少なく、質も悪いです。

まずは動き出しましょう!
手始めに対峙しているクライアントの基準って何だろうと考えてみてはいかがでしょうか。

-コミュニケーション, 雑談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひまわり育ててみたらメリット尽くし!種まき~育て方も紹介

「リモートワークの日々に楽しみを増やしたい」 「閉鎖的な毎日に少しでも癒しが欲しい…」 そんな方向けの記事になっています。 外出自粛になって家にいる時間も増えてきたところなので… 小学生の頃振りにひま …

雑談を極める!雑談は全て6つのパターン

「どこまで距離を詰めていいかわからない」 「クライアントは友達じゃないってよく怒られる」 本記事はこのような方向けです。 雑談力と営業力は比例します。 仕事のネタを仕込む。 必要なリソースをとり込む。 …

雑談を極める!「褒める」を徹底研究!

「褒めることに慣れていない」 「雑談が苦手で人と話すのが怖い」 「雑談が苦手…営業向いていないのかな?」 本記事はこのような方向けです。 雑談力と営業力は比例します。 目次1 雑談ってなぜ必要か2 雑 …

雑談苦手という方向け「超一流の雑談力」で脱コミュ障!

「雑談が弾まない」 「クライアントと話す機会が憂鬱」 「『お前、もっと打ち合わせ話せ』と先輩に怒られる」 本記事はそんな方向けの記事なっています。 安田正著「超一流の雑談力」の内容から、 雑談が苦手な …

「反応しない練習」まとめ!読んだ感想・レビュー

「何か頑張りたいけど、結局頑張れない」 「SNSやテレビを見て一日が終わり自己嫌悪」 本記事はこのような方向けです。 「反応しない練習」は著者、草薙龍瞬(くさなぎりゅうしゅん)という僧侶の方です。 実 …

ul, ol { color: #668ad8;/*文字色*/ border: dashed 2px #668ad8;/*破線 太さ 色*/ background: #f1f8ff; /*背景色*/ padding: 0.5em 0.5em 0.5em 2em; } ul li, ol li { line-height: 1.5; padding: 0.5em 0; }